産み分けゼリーの比較ランキング最新版はこちら!

産み分けゼリーは自作で代用できる?簡単に手作りできる?

悩む夫婦 基礎知識

女の子の産み分け実現性を高める産み分けゼリーを購入したいと思っている方はとても多いです。

自宅で手軽にできる製品としておすすめできますが、できることなら自分で自作して産み分けゼリーの代用として活用したい方も少なくありません。

そこで本記事では、産み分けゼリーの代用品として自宅で簡単に手作り・自作できるのか?を紹介していきます。

産み分け成功率を高めることができる反面、1万円程度の出費がかかるので少しでも節約したいと考えている方はぜひ、参考にしてください!

産み分けゼリーは自作できる?

産み分けゼリーの代用品を自作したいと考えている方はチェックしていきましょう。

結論から言うと、産み分けゼリーの代用品を自作できます。

産み分けゼリーは膣内pH値を酸性(女の子) or アルカリ性(男の子)に傾けることで産み分け実現性を高める製品です。そのため、希望する性別の子供を授かる可能性を高めるpH値にすることができればOKです。

例えば、女の子用産み分けゼリーの代用品として利用できるのがライム洗浄です。

ライムに含まれるクエン酸のpH値は酸性になっているので、果物の果汁を絞って膣内に注入して洗浄することで膣pH値を弱酸性に傾けることができます。

使い捨てビデ、注射器、スポイトなどにライム果汁を入れて膣内に注入することで産み分け成功率を高める方法として活用できます。原液をそのまま使用する方法、お湯で薄めてpH値を調節する方法があります。

衛生面や安全面で問題になってくる上にpH値の調節が非常に難しい点が挙げられます。自作することはできますが、効果を実感できないリスクがある上につくる手間もかかります。

男の子用の産み分けゼリーを代用するのはやや難易度が高いです。いずれにせよ、産み分けゼリーは自作するよりも正規品を購入するのがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。産み分けゼリーを自作で代用できるのか? 紹介しました。

筆者は安全性や衛生面の面で推奨できません。飲み会を数回我慢すれば捻出できる出費です。また、食費を1ヶ月4,000円節約すれば3ヶ月で購入できるお金を貯めることができます。

ぜひ、本サイトで紹介している国産の安全性が高い産み分けゼリーを購入して理想の家族計画を実現させましょう!

記事終わりでおすすめの人気産み分けゼリーを比較して紹介しています。こちらをチェックしてあなたのライフスタイルに合う産み分けゼリーを購入しましょう!

当サイト売れ筋の効果が期待できる産み分けゼリー
産み分けゼリーのおすすめ人気ランキング
産み分けゼリー

男の子女の子の産み分け実現性を高める効果が期待できる産み分けゼリー。
国内メーカーが手がける国産の安心安全な産み分けゼリーであるハローベビーガール、ハローベビーガールプレミアム、ベイビーサポート、ピンクゼリーを比較ランキングで紹介しています。

53万本以上の販売実績を誇る産み分けゼリーを中心に多くの先輩ママが利用してきた定番商品ばかりです。初めて産み分けゼリーを購入する方、2人目・3人目の子作りで最新のおすすめ人気産み分けゼリーを知りたい方向けに分かりやすく噛み砕いて紹介しています。

基礎知識
シェアする
産み分けゼリーの効果